飼い主必見!ペット保険のメリットとデメリットは?

あなたのペットは、家族の一員ですか?

あなたはご自身も含めて、ご家族の医療費について考えたことがありますか?
一生をケガも病気もすることなく終えることが出来ればいいかもしれません。でも、思わぬところでケガや病気に見舞われることがないとも限りません。
私たちには健康保険の制度もあるので、ある程度は国民全員で助け合いできる仕組みになっています。
しかし、残念ながら現状ではペットには健康保険のような制度がありませんので、万が一の医療費は全額自腹になってしまうということを考えたことがありますか?
単純に目の前で骨折したとかならば治療もわかりやすいのですが、それでも医療費総額は20万~30万円になる事もあるそうです。病気であれば、「ここが痛い」と訴えることが出来ないために様々な検査が必要になり、医療費が思わぬ高額になってしまうこともあります。お金が掛かるからといっても、ペットが家族の一員であるならば、そのケガ・病気を放っておくなんて出来ませんよね?
万が一の備えは大丈夫ですか?

あなたにとってのペット保険とはなんですか?

ペットの万が一に備えるためにペット保険に入ることのメリットやデメリットを考えたことがありますか?
自分が命を預かる以上は何が起きるか分からないことに対する備えとしてペット保険に入ることにデメリットはないと思っています。適用外もあるかもしれませんので、全てを理解した上で加入を検討することは大切なことではないかと思います。
万が一のことが起きたときに、家族の一員であるペットを守るための備えがあるということは、家族を守る上での自分の安心感にも繋がりますよね。保険がペットだけではなく私たちを救ってくれるかもしれません。
とはいっても、現実的には一生ケガも病気もしないで平穏に生涯を終えるペットも居ないわけではないので、保険料をデメリットと考える方が居ても否定は出来ません。ペット保険の多くは、定期的なワクチン注射などは適用範囲外になっているので、ペット保険料の他にワクチン代も掛かることを頭に入れておかないといけません。
ペットの一生を守るために何が必要なのかを検討してからペットの命を預かる決断をして頂きたいですね。
大切なことは、命を大切に思う気持ちではないでしょうか?

© Copyright The Advantages. All Rights Reserved.